イマドキの逸品

-CASEFINITEのiPhoneケースを買ってみた-

-ケース派と裸族派の間を取り持つ最適解、かもしれない。-

皆さん、こんにちは。

iPhone12 miniを発売日に買って、前もって買っておいた耐衝撃性能付きのクリアケースが目に見えて黄ばみ始めたので「そろそろ代わりのケースを探すか…」とぼちぼち考え始めていたところ、Twitterのタイムラインで「CASEFINITE」というメーカーのケースが良さげなんじゃないかというツイートをチラホラ見かける事があり、ちょっと興味が出てきたので「モノは試しだ」という事で購入してみました。

普段iPhoneのケースとかはいろんなメーカーのものを試したりしない方ですが、せっかく購入したので記事のネタとして使わせてもらうことにしました。

今回は「CASEFINITE」のiPhone12mini用ケース「Frost Air」(フロストエア)を簡単にレビューさせて頂きます。

最近は化粧箱入りが流行りなのか?

最初にこれは素朴な疑問なんですけど、ハイブランドとかが出してるウン万円するiPhoneケースが化粧箱にキレイに納められているのは「ああ、買っちった…」って余韻に浸れるので理解できるんですけど、なんかもう2,000~3,000円そこらのアクセサリーでも化粧箱がついてるのは何かの流行なんでしょうか。

この商品に限ったことではないですが、iPhoneのケースでさえも「高級品扱い」される時代になったか…と遠い目についついなってしまう自分はBlackberry端末のファンです。(聞いてない)

とにもかくにも開封していきましょう。

メッセージカード入りという丁寧さを感じる内容物

さっそく開封しますと、「感謝を込めて…」というメッセージが印刷されたメッセージカードが同封されていました。

メッセージカードまで同封されているとは、なんとも丁寧です。

内容物一覧はアクセサリーなのでいたってシンプル。

英語のメッセージカードも入っており、価格に対して過剰なくらいの努力が見受けられます。

化粧箱は裏地も加工してあり、捨てずにとっておいても何かに使えそうなほど立派です。(貧乏性発動)

心配になるくらい軽く、そして薄い。

そして肝心のケース本体はこちら。

限界まで薄さを追求しているだけあって心配になるほど薄く、握りつぶして壊しそうになります。

公式HPによれば厚さ0.6mm、重さは6gらしいのですが、吹けば飛びそうな軽さです。

手に取った瞬間は「えっ、いくら何でもペラペラすぎない?」と衝撃を受けるほどですが、材質がポリプロピレンなので高い強靭性と曲げ強度でこの薄さを実現しています。

ペラペラすぎて一見「装飾もないし安っぽいケースと変わんないんじゃないの?」と思われがちですが、ちゃんと「金かかってるな」と思わせる点もちゃんとあります。

よく見るとわかるんですが、ボタンや端子回りの部分はレーザーカットされていて本体のサイズにほぼピッタリ合わせてきています。

驚いたのが本体下部のスピーカーと充電端子部分まできちんとレーザーカット加工されており、普通のケースであれば本体下部の部分はごっそりカットされているところをスピーカーの穴までピッタリカットされている点です。

おかげでケース自体は薄いながらも端末の側面と背面はほぼすべての部分がカバーされます。

裸族派も納得のスリムさとカッコよさ

早速実際に装着してみました。

写真だけ見ると「何もつけていないように見える」(…エッチな意味じゃないよ!)くらい存在感を感じさせません。

なので「iPhoneは何もつけないのが一番カッコいいに決まってる…!」という崇高な裸族派の方々にも納得いただけるケースではないでしょうか。

また、予想外に嬉しい点として自分は出っ張ったカメラ部分を保護するためにレンズカバーを、端子を保護するために端子キャップをそれぞれ装着しているのですが、そのどちらにも干渉せずスッキリハマってくれたところに評価ポイントを振りたいと思います。

加えて自分はiPhoneを購入した日に発売されていたSpigen製のガラスフィルムをずっと貼り付けているのですが、これにもケースの縁が干渉せずに収まってくれたので結果的にケースに合わせてフィルムやカバー類を買い替えずに済んだのも嬉しいポイント。

ただし、ポリプロピレンは衝撃吸収性にも優れた素材ではありますが、ここまで薄いと衝撃吸収性はほとんど期待できないので取り落としや不意の落下事故にはより注意が必要になるでしょう。

細かい傷がつく心配から解放される

今回、「CASEFINITE」の「Frost Air」シリーズのケースを購入してレビューしましたが、総評として「細かい傷を気にする人なら損はしない、むしろ得しかない」という点に落としどころを決める事にしました。

落下とか本体への衝撃吸収とかタフネスという点においては製品のコンセプトの方向性が異なるので言及しないにしても、iPhoneのシルエットを犠牲にせずに裸族的な使い方ができるのと同時にちょっとぞんざいに硬い机とかに置いても細かい傷を心配しなくてもいい点では優秀だと思います。

iPhone12とか12Pro、12Pro MAXとか端末自体が大きくなると落下とかのリスクが大きくなるのでタフネス系のケースの方に軍配が上がりそうですが、コンパクトかつ軽量なiPhone12 miniならそのコンパクトさを存分に活かしつつ細かい傷の心配やストレスから解放されるのは実際に使い始めると結構デカいポイントだと思ってます。

特に出っ張ったレンズ部分はレンズカバーなどを併用し、画面にはガラスフィルムを貼ればよほど雑に扱わない限り傷の心配は無用になります。

何よりレンズカバー&ガラスフィルム+「Frost Air」ケースで上記の写真の薄さですからね。

これは一度試したらなかなか他のケースには乗り換えられなくなります。

皆さんもiPhoneシリーズをお持ちなら、裸族派の方々にも胸を張っておススメできる「CASEFINITE」の「Frost Air」を一度試して小さな傷の悩みから解放されてみませんか?

参考

今回購入したのは「CASEFINITE」ブランドが展開する複数の種類のケースのうちスリムな「Frost Air」というシリーズです。

他にも耐久性に優れたシリーズなど複数の種類を展開されているので自身のテイストに合う種類のケースを探してみましょう!

【「CASEFINITE」公式HPはこちら】


【裸族も納得の最薄全面保護ケース!】


端子周りまでしっかりカバーしつつ本体のスマートさを損なわない人気商品です。


合わせて使用したカメラレンズ部の保護カバーはこちら。

【出っ張ったレンズ部分をしっかりカバー!】


今回のケースとも親和性抜群なレンズカバーです。
OWLTECH カメラレンズ保護ガラス OWL-CLGIC54 ブラック(iPhone12mini用)

-Sponsered-

-イマドキの逸品

© 2021 - BACK DOOR -