イマドキの逸品

-格安とは言わせない!「TRUEENGINE 3SE」買ってみました。-

-ここまできたぞ。低価格イヤホン革命。-

皆さん、こんにちは。

先日記事として書きましたSOUNDPEATS社製スマートウォッチ「Watch 1」のレビューに続き、今回は同じSOUNDPEATS製ワイヤレスイヤホン「TRUEENGINE 3SE」を購入し、使ってみた感想をレビューとして投稿いたします。

まぁ、理由としては先日レビューした「Watch 1」を使っていて純粋に興味がわいたことと大手メーカーのワイヤレスイヤホンは総じて値段が結構するのでワイヤレスイヤホン自体が初めてな自分は手を出せなかったこと、そして「Watch 1」を使うにあたってSOUNDPEATS社の製品を調べていたらちょうど良さそうなワイヤレスイヤホン「TRUEENGINE 3SE」を見つけたからです。

自分が家電量販店の販売員をしていた頃は完全ワイヤレスイヤホンなんてものはなく、Bluetoothレシーバーを介したものだったりはたまた車載用のFMトランスミッター、果てはシアター用の赤外線伝送式のヘッドホンくらいなものでしたのでこれを触るだけでも時代の進歩を感じますね。
そんな自分もイヤホンは有線信者だったのですが、さすがにBang&Olufsenの「Ear Set」のワイヤレス版とかを使ってしまうとなかなか有線で聴こうと思わなくなってしまったり便利さはひしひしと感じています。

そして満を持しての完全ワイヤレスイヤホンを買ったわけなんですが、片方なくしたりしないかしら…みたいないらぬ心配ばかりしていて大手メーカーからもどんどん出てくる完全ワイヤレスイヤホンに手がなかなか出せなかったのでちょうどいい機会だと思ってレビューさせて頂こうと思っております。

もう「安かろう悪かろう」という時代ではない

かつて自分が販売員だった頃は、まともなイヤホンを勧めようとする時は「少なくとも1万円以上」とかのいわゆる「売り文句」がありました。
勿論根拠はあり、メーカーは最終希望小売価格が1万円を基準に製品に使う素材・原料の選定や組み立てなどの製造を国内で行うかどうかを決めていたからなのですが、その当時ものすごいダークホースが現れたことがありまして。

フィリップスというメーカーから発売された5000円台のイヤホンが価格破壊を起こしたのです。
かなりの幅広いジャンルの音楽を鳴らしきるポテンシャルを誇り、フラットな音質と価格からは考えられない高音の伸びと刺さりすぎない柔らかなバランスは高級機のそれに匹敵し、当時スマートフォンで音楽を聴く事が流行り始めたのも相まって飛ぶように売れ、テレビ番組で紹介されると予約を受け付けてまで販売していました。

それからというもの、高級ラインはこぞって「ハイレゾ対応ライン」へ趣向を変え、ハイレゾに興味がないカジュアル層に向けてミドルやエントリークラスは低価格競争が激化し、その価格競争の波はやがて最高級ラインを残して市場全体に浸透しました。

今では「ハイレゾ対応」のイヤホンでも3,000円台から手に入り、今回レビューする「TRUEENGINE 3SE」も例外ではありません。
ただ、間違えないでほしいのはオーディオ市場、とりわけ新規参入が多い「イヤホン・ヘッドホン市場」においては「安かろう悪かろう」の時代という言葉は通用しない事でしょう。

各社、大手からベンチャーまで様々な企業がしのぎを削っていますが、この背景から考えられるのはイヤホンに求められる市場価値というものが単純であり、かつ技術的にも市場的にも飽和状態であるという事でしょう。

この事はイヤホンを選んだり買ったりするうえで是非理解いただきたい点です。

高いコスパと機能を両立した良機種

さてさっそく開封していくのですが、イヤホンなので特段特筆すべき付属品はありません。
強いてあげるとすればイヤホンのイヤチップの大手「COMPLY」(コンプライ)が製作しているイヤチップが最初から同梱されているのでイヤホンを購入したら最初に自分に合うイヤチップを探しに行っていた自分にはちょっとだけ嬉しいという点くらい。

仕様

以下基礎スペックを列挙します。

  • 本体外寸:22.9 × 24.8 × 26.2(mm)(片側)
  • ケース寸:71 × 40 × 30(mm)
  • 重量(本体):約5g(片側)
  • 重量(ケース):約40g(本体収納時合計約50g)
  • SoC(チップセット):Qualcomm QCC3020
  • Bluetoothバージョン:Bluetooth 5.0
  • 対応コーデック:Apt-X・AAC・SBC
  • ドライバー:ダイナミック(デュアル)
  • 最大通信距離:約10m(遮蔽物無し・公称値)
  • 再生時間:約6.5時間(公称値)
  • 充電時間:約1.5時間(公称値)
  • 充電時間(ケースへ):約2時間(公称値)
  • 給電可能回数(ケース):3.5回(公称値)
  • バッテリー容量(ケース):580mAh
  • 充電方法:ケーブルのみ(ワイヤレス充電非対応)

まずチェックしたいのが、SOUNDPEATS社独自技術とうたっている「デュアルダイナミックドライバー」と「Crossover技術(実用新案登録済)」ですね。
異なる周波数のシグナルを別々のドライバーから出力する事で、高音域・中音域・低音域をバランスよく鳴らす事ができるとしています。
また、「TrueWireless Stereo Plus」(TWS Plus)という技術にも対応しており、独立した左右のユニットがそれぞれデバイス本体とペアリングする事で、通信が途切れたり、音飛び・バッテリーの消耗を抑えられるとしています。

そしてこの「TRUEENGINE 3SE」は「TRUEENGINE」シリーズとして何機種か発売されていますが、先代の「TRUEENGINE 2」と比べて税込価格でも6,500円を切るというコストパフォーマンスに優れている機種です。
その高コスパを実現している要因の一つとして先代「TRUENGINE 2」には搭載されていた「ワイヤレス給電」機能がオミットされていますが、気になる人はなると思いますが自分はワイヤレス給電をスマートフォン本体のみに絞ってしまっているので特に欠点としては捉えませんでした。

また、対応コーデックとして標準的なSBCとAACに加え高音質低遅延の「Apt-X」に対応している事もポイントですね。

勿論イヤホン本体の側面にあしらわれているロゴ部分がタッチセンサーになっており、連続タップや長押しで曲を再生/一時停止したり前後スキップ、音量の上げ下げも問題なくできます。
これは本体のミュージックアプリでの操作の他、Spotifyなどのストリーミング再生アプリでも同様に対応しています。

音質は安っぽくなく、聴きやすさ重視という印象

さて肝心の音質ですが、さんざん記事の上の方で「安かろう悪かろう」じゃないよと言っておきながら、自分自身試すまで「まぁ立派な文言はあったけど価格相応なんだろうな」と舐めてかかっていました。

結論から言うと正直驚きました。
大手メーカーのワイヤレスイヤホンは大体この「TRUEENGINE 3SE」の4~5倍くらいの値段になるものですから当然期待するわけです。
でも「完全ワイヤレスイヤホンで6,500円でお釣り来ちゃうんでしょ…」で自分自身期待値は結構低かったんです。

でもSpotifyでがむしゃらに曲を再生しても鳴らしきる。
なんか変な気分になるようなイコライザを掛けたような音もしない。
音があまり耳に刺さることなくかなり快適に聴けるんです。

勿論重低音の響きや高音の伸びや解像度は数万円クラスの大手のものに軍配が上がる事が多いのですが、とても1万円以下とは思えない高水準であることは間違いなく、低音も高音も出る所はちゃんと出ているじゃん、という印象でした。

エイジング次第ではさらに化けるかも

更に言うとイヤホンやヘッドホンには「エイジング」と呼ばれるワインやウイスキーの「熟成工程のようなもの」が存在します。

文字の示すままの通り、一定のノイズや音楽をイヤホンやヘッドホンで鳴らし続ける事で、ドライバや部品が「音楽を鳴らす事に慣れて」いき、音質が安定するというものです。

劇的な効果はありませんが、買ったばかりのイヤホンやヘッドホンでいつも聴く音楽を聴いても「印象が違う」と感じる場合は「エイジング」を行う事によって改善する事があります。

一部のオーディオマニアや専門家などは買ったばかりのオーディオ製品をエイジングする為の「エイジング専用音源」などを持っていてそれを使って何十時間もぶっ通しで「エイジング」するという事もありますが、普通に好きな音楽を鳴らし続けていても「エイジング」はできますので特段心配する必要はありません。

この「TRUEENGINE 3SE」も例にもれず最初は「結構あっさりした音」の印象を受けるのですが、自分は購入してから20時間ほど鳴らし続けたところ、重低音も少しづつ出るようになって「あっさり」→「しっかり」という位に印象が変わっていました。

もしこのイヤホンを購入して「ちょっと思っていたような印象と違うな」と感じたとしても何十時間か好きな曲をかけ続けるうちに「エイジング」されて印象が変わるかもしれない事をあらかじめ明記しておこうと思います。

総評

今回の「TRUEENGINE 3SE」を購入して実際に使ってみてやはり驚くのは「コストパフォーマンスの高さ」です。

今でこそAmazonの完全ワイヤレスイヤホンのラインナップは「どこぞのコピー品まがいの商品」を除けば、最近は価格が抑えられた商品が並んでいますが、それらと同水準程の価格帯でありながら「大手メーカーに引けを取らない音質と機能」を実現しており、販売員当時の自分がもしこれを手にしていたら「この価格帯でこれだけの質のモノが手に入るのか…!」と驚愕している事でしょう。

勿論SOUNDPEATS社の完全ワイヤレスイヤホンにはこれよりも安価な価格帯のものが存在しますが、自分はぜひこの「TRUEENGINE 3SE」を手にしてほしいと思います。
自分は今回完全ワイヤレスイヤホンを購入するのが初めてであり、「できるだけ損をしたくない」という気持ちで臨んだのですが、大手メーカーの完全ワイヤレスイヤホンを既に何機種か試されている方にはもしかしたら力不足な印象を受けるかもしれません。

ですが、もし「完全ワイヤレスイヤホンがほしいけど大手メーカーのものは数万円するし損はしたくない…」という自分と同じ気持ちで臨もうとしている方であれば、「TRUEENGINE 3SE」はぜひとも「デビューの為の1台」として選んでも損はしないと胸を張っておススメできることでしょう。

この「TRUEENGINE 3SE」はずっと使えるくらいの十分な機能と性能を備えていますが、これをステップにしてさらなる上級機種や大手メーカー品を試聴し、聴き比べる指標にするのもいいかもしれませんね。

参考

【高音質イヤホン革命!初めてのワイヤレスデビューにどうぞ】

SOUNDPEATS TRUEENGINE 3SE

-Sponsered-

-イマドキの逸品

© 2020 - BACK DOOR -