雑記帳 -Note-

-November 2020- -端末の魅力にハマったワケ-

-あなたも「ガジェット個性派」を目指そう(沼への誘い)-

皆さん、こんにちは。

11月ももうすぐ月末、1年の終わりが見えてきました。

2020年11月度の月末雑記帳をお送りいたします。

今回のテーマは「SIMフリー端末に魅力を感じるワケとそのきっかけ」についてです。

何を隠そう、自分はある時から携帯電話を複数持つようになり、魅力を感じる携帯電話に出会うと所有端末達を”布陣”と称してその組み合わせを次々と入れ替え続けて今に至るワケなんですが、そうなるにはもちろん「きっかけになる出来事」がありました。

その「きっかけ」を通じて自分がなぜ「SIMフリー端末に魅力を感じるようになったか」をお話していこうと思います。

格安SIMの取扱いがはじまった

なんといっても「きっかけ」の中で最も大きいのはこれです。

当時は家電量販店で働いていた筆者は日本通信が取扱う「b-mobile」などのMVNOの存在は知っていたものの自身が働いている量販店ではそもそも取り扱いもなかったので「ニッチな存在」としての認識しかありませんでした。

その後、しばらくして自身が勤務している量販店でも格安SIMの取り扱いが始まりました。
ちょうどその頃、ソフトバンクのサブキャリアになる前のY!mobile(ワイモバイル)が立ち上がり大手キャリアからのMNPを推進していた頃でした。

勿論格安SIMやその後サブキャリアとなるY!mobileについても接客できるようにならなければなりませんから勉強会や研修で知識を深めていきます。

そしてある程度の基礎知識を得る事で、周波数帯やら対応エリアについても興味が出てきて調べているうちに「世界には日本で発売されていない携帯電話がある」という事を知りました。

この時に初めて海外へ行った時に偶然空港でレンタルした経験のある「Blackberry」に再び出会う事になるとは当時の自分は知る由もありませんでした。

MVNOキャリアの躍進

そして後に「格安SIM」の地位を不動のものとするMVNOキャリアが次々と登場し、価格競争の傍ら「大手キャリアが取り扱わない」スマートフォンが多数登場するようになりました。

大手キャリアが取り扱うスマートフォンはiPhoneやGalaxyをはじめハイエンド揃いでしたが、次々と進出していたMVNOキャリアは海外製のスマートフォンを多く取り扱い、ミドルやエントリーのスマートフォンも当たり前に市場に出るようになりました。

筆者はこれが起きる前に海外から「Blackberry Q10」「Blackberry Classic」などを個人輸入していましたが、「Blackberry Classic」などもMVNOキャリアが取り扱うようになり、技適認証がつくようになってからは堂々と使用していました。

この時点で大手キャリアのメイン端末と格安SIMを契約してBlackberry端末をサブマシンとして使う状態になっていました。

そしてMVNOキャリアも一部が淘汰されたり、大手の資本が入ってサブキャリアとしてスタートしたりする頃には格安SIMだけで複数台の端末を使い分けるようになっていました。

この頃には「周りと一味も二味も違う端末を使いたい」「周囲から注目されるような端末が欲しい」という魅力に取りつかれるようになっており、Blackberry端末をはじめ海外製のスマートフォンを次々と短期間に買っては手放し…を繰り返していました。

この2つのきっかけを経て満遍なく知識をつけたおかげでその後は「自分らしさ」を追求する為にふさわしい端末を探すようになっていきました。

個性の為の差別化という魅力

これらのきっかけを経て今現在の筆者に至るわけなのですが、筆者自身はガジェットをもはやファッションの一部として捉えているところがあります。

今やスマートフォンは生活の一部には欠かせないものとなっており、肌身離さず持ち歩いている点などはまるで身体機能の一部ですらあると言っても過言ではないほどです。

人と人が出会えば、絶対所持しているだろうという前提で話が進むほど市民権を得ているガジェットとしては他に2つとないと言っても差し支えなく、そして必ずと言っていいほど皆さんはケースやアクセサリーでカスタマイズしています。

ケースやアクセサリーもシンプルなモノから有名ブランドやハンドクラフトのものまでバリエーションはファッションに匹敵すると考えてよいと思います。

人それぞれが自分好みに端末の外見をカスタマイズする時代を紛れもなく「iPhone」が作り出しました。
そして自分は「いくら外見が自分好みにカスタマイズできるとはいえ、周りと同じ端末ではつまらない…世界にはもっと珍しいデザインの端末がたくさんあるのに!」という事に取りつかれてしまっているのだと思います。

昔からそうでしたが、今は日本に海外からたくさんの人が旅行に来てくれます。
海外からの来訪者はみな珍しいスマートフォンを持っています。(大半はiPhoneだけれど)
そして世界には皆さんがよく知るメーカーの他にもたくさんのスマートフォンメーカーがあります。

勿論「技適」をはじめとした守るべき法律や決まりはありますが、旅行者の方が持つスマートフォンなどまでは規制できません。
こういった法律は時代に合わせて変わっていくべきだと思います。
いますぐ未知のスマートフォンを求めて個人輸入しようぜ!と言うつもりはありませんが、大手キャリアから一方的に与えられる端末の選択肢だけから選ぶのではなくて法律に抵触する心配のない「SIMフリー端末デビュー」に飛び込んでみるというチャレンジを筆者は大いに推奨したいと思います。

iPhoneは素晴らしい性能と機能を備えたスマートフォンなので皆さんがみんなiPhoneを持つ気持ちはよくわかります。
実際、筆者もSIMフリー版ではありますが「iPhone12 mini」を持っています。

ですが「SIMフリー端末」を使っている人はまだ多くはありません。
「SIMフリー端末」はまだまだ可能性のある市場です。
周りと差別化したい、個性を発揮したい、人と違うものを使ってみたいという欲望に応えてくれる魅力があります。

そういった野心に溢れる人はぜひとも勉強して「SIMフリー端末」という世界へチャレンジしてください。
新たな世界の扉を開けばその先は全く違った景色を眺める事になるでしょう。

最後にそういった方々にメッセージを捧げ、今月の月末雑記帳の締めとさせていただきます。

「求めよ。さらば与えられん。」

【新約聖書「マタイ伝」】より

-Sponsered-

-雑記帳 -Note-

© 2021 - BACK DOOR -