-BACK DOOR's Diary- -May 2019-

      2019/11/07

 

ースペック重視かユニークか。どちらにウェイトを置く?ー

皆さん、こんにちは。

2019年5月度の月末雑記帳をお届け致します。
今回のテーマは個人的ではありますが「自分の次期エンタメスマホ枠」について書いていきます。

日々進化し続けているスマートフォンですが、探せば探すほど種類を挙げれば枚挙に暇がない位の数が存在します。
今回、複数台運用しているスマートフォンの中から一台、買い替えようと思っていましてスマートフォンがそれぞれ持っている特徴や性能を比較、検討しながら現在候補に挙がっている製品について書こうと考えました。

自分で考えるだけではなく、実際にブログに書く事で考え方を整理する意図も含まれていますが、自分がやりたい事が本当にできるか?過剰スペックではないか?といった点も含めてある程度分析しておきたいという事もあったので月末雑記帳のテーマにする事にしました。

スポンサーリンク

自分の現在の運用リストと役割

まずは現状をお話ししておきます。
自分は3台のスマートフォンを運用していて、役割をそれぞれ与えており状況に応じて使い分けている状態です。
それぞれ機種と役割をご紹介しておきます。

Blackberry KEY2 【メイン機】

当ブログではおなじみBlackberry社(製造はTCL)のスマートフォンで、メイン機としての役割を持っています。

電話・メール・SNSだけでなくネットサーフィン・Spotify等のエンタメまで幅広くこなせるようにしています。
連絡・通知系統もこちらに集約しており、必ず持ち歩く一台で物理キーボードが搭載されていますのであらゆる場面において最も使用頻度が高い端末です。

Razer Phone【エンタメ・ゲーム専用】

2017年秋に発売されたゲーミングスマートフォンの魁となった端末です。
メーカーのRazer社はゲーミングデバイスの最大手で、2018年度には内部スペックを改良した「Razer Phone2」が発売されましたが、価格が高騰していた為保留していました。

役割としては「エンターテイメントマシン」としての役割を与えており、ゲームアプリや大きなスピーカーを活用した動画試聴などに特化した使い方をしています。
今では端末の特徴であるウルトラモーションディスプレイや豊富な8GBメモリを活用した「Youtube」「Amazon Prime Video」や「Pokémon GO」のプレイがメインとなっています。

Palm Phone【Spotify再生マシン】

先日レビュー記事として書きました「Palm Phone」も活用しています。

ほぼ1日使い切りバッテリーと首からも提げられるコンパクト軽量ボディを活かしてBluetoothイヤホンをペアリングし、あらかじめ「Spotify」アプリで楽曲をダウンロードしオフライン再生をするウォークマンのような使い方をしています。
今はメイン機である「Blackberry KEY2」をテザリングさせて通信を確保していますが、将来的にソフトバンク系格安SIMあたりを入れての運用を見込んでいます。

今回の入れ替え対象は「Razer Phone」

上で紹介した運用機3台のうち、今回入れ替えを検討するのは【エンタメ・ゲーム専用】である「Razer Phone」です。

2017年11月頃に発売された機種で、CPU性能的にも特に不満があるワケでもないのですが他の2機種の特徴が際立っているだけにただ「エンタメ用」というざっくりとした用途であるがゆえにもう少し活用の仕方を具体化したいという希望もあります。

特に「Razer Phone」はゲーミングに特化した性能を有する所謂「ゲーミングスマートフォン」なのですが、自分は「Pokémon GO」しかプレイしないので、実質宝の持ち腐れという感覚を抱いていました。
事実上、上記の3機の中では「ハイエンドマシン」にあたるのでよりユニークな特徴を持ったハイエンドマシンに入れ替えようと考えています。

なので、個人的にユニークだと感じる候補機を2~3機種選んでみました。

個人的に魅力を感じる入れ替え候補機

さて、ここからは自分の独断と偏見による「個人的に魅力を感じる候補機」を挙げていきます。

機種を変えようとする以上、役割を変えてみようかとも思いましたが、物欲優先で候補を挙げる事にしてみました。

-Sony Xperia 1-

まずはソニーのフラグシップ「Xperia 1」です。

正直第一印象として約1cm縦の外寸が長いと知って「縦部分長すぎだろ…」と思いましたが、個人的に購入するとなれば「Xperia Z5 Premium」以来の4K解像度ディスプレイ端末に手を出す事になります。
現状この機種を選んだ理由としては役割として持たせている「エンタメ」が名ばかり現状「Pokémon GO」専用機という役割しか担っていなかった為、カメラや動画を見たりする際に光るモノが欲しいという欲がどうしてもあるためです。

サイズ感については、現状使用している「Razer Phone」よりもちょっとだけデカいという印象ですが、ソニー銀座あたりで触れればサイズ感や取り回しを確認できれば今の所最有力候補ですね。
格安SIM運用の予定なのでSIMフリー機を手に入れたい所ですが、宿命として個人輸入あたりしかなさそうなので悩みどころ。

-Razer Razer Phone 2-

現在所持している「Razer Phone」の後継機である「Razer Phone 2」も勿論視野に入っています。

ハード面ではRazerのお家芸である「ロゴが光る」位しか面白みがありませんが、価格もある程度こなれてきたので「Pokémon GO」プレイマシンとしての運用がメインであれば十分なマシンパワーなんじゃないかと。
Dolby Atmos対応のステレオスピーカーの臨場感は現在所持している「Razer Phone」でも実証済みなので動画とかを観る分には十分な性能です。

SoC性能的にも1世代前なのでスペック的にもわざわざ買い替える必要があるかどうかはさておき、価格面で落ち着いてきたのは手を出しやすくなっている理由にはなっております。
入手性については「Xperia 1」と同様、個人輸入が妥当ですので「Xperia 1」と同等であるといえます。

-Xiaomi Black Shark 2-

最後は中国のスマホメーカー「Xiaomi」(シャオミ)が出資するゲーミングスマートフォン「Black Shark 2」ですね。

ゲーミングスマートフォンとして突き詰めたような性能をしていますが、性能として申し分ないものの自分の要求する役割に対しては過剰なスペックと言わざるを得ず、半ばイロモノ的な立ち位置になる事は間違いないとも思います。
先日国内の販売代理店による発売が始まりましたが、最高性能のモデル限定であり価格もそれなりという事で自分の求めている役割に対してやはりオーバースペックという点は否定できず、特筆できるのは入手性が上記2機種に比べて多少容易という点位に留まるでしょう。

国内版限定特典も自分の役割には合致しないので採用するメリットは低いでしょう。
(事実、スマホゲームを複数プレイするのはよほど面白くなければ苦痛に他ならないので…)

当面は「Xperia 1」が有力候補

候補機をいくつか挙げましたが、個人的には「Xperia 1」が最有力候補だと考えています。

もともと「Xperia Z5 Premium」で4K動画を楽しもうと手を出した事もありますので、今「Razer Phone」に与えている役割をエンタメ方向に広げるとなるとコンテンツ的に「Xperia 1」が一番しっくりきそうです
他の2機種についてはもともと「Pokémon GO」プレイマシンとしての運用を更に拡張したような使用用途から想定して選んでいるのですが、スマートフォンで本格的なゲームを遊びたいか?と問われても首を縦に振れないのが正直な所です。

またやはり現在所持しているスマートフォンがどれも「カメラ特化」の性能とは言えないのでここらで一つ「カメラ用のハイエンド」を一台位あっても良いかなぁと思うのです。
正直SNSの更新すら渋る自分には「持ち腐れ」な気がしないでもないですが、高まる物欲には逆らえないという正直な部分もあります。

現状はまだお値段も張るので一歩が踏み出しづらい現状ではありますが、夏季賞与が出る頃でもありますから皆さんも一つ検討してみる機会を設けてみるのはいかがでしょうか。
調べてみるだけでも結構面白いと思いますよ。
では、また6月の月末雑記帳でお会い致しましょう。

iTunes検索

 - 雑記帳 -Note-