-BACK DOOR's Diary- -December 2018-

      2019/01/27

-この一年を振り返ろう。新しい一年の為に。-

皆さん、こんにちは。
12月度の月末雑記帳をお送りいたします。
今回は年末でもありますので、今年一年を振り返る雑記帳にしたいと思います。

前月の月末雑記帳では両親へのクリスマスプレゼントを選んでいましたが、その後雑記帳の中で言及したプレゼントを購入し、渡しました。
やはり普段からのヒアリングが功を奏して大変喜んでくれました。
とりあえずは有言実行。

さて、今年一年は皆様にとってどんな一年でしたでしょうか。
自分はというと「歩み進める一年」とでもいうべきでしょうか。
とにかく個人的にも初めての事が多く、そして確実に前を進もうとした一年でした。

スポンサーリンク

社会人大学院を卒業

2018年3月、自分は社会人大学院「事業構想大学院大学」を卒業しました。
2016年正月、友人たちと沖縄に遊びに行く当日に空港のラウンジで元旦の日本経済新聞を読んでいて、1面を丸々使った広告を見たのが入学のきっかけでした。

その時は、前職から今の仕事に転職して半年ちょっとしか経っていなかったのですが、前職と違い今の仕事に就いてからは残業時間も殆どなく時間的な余裕ができていたので「何か自分の為になるものを学びたい」という気持ちを持つようになっていました。

元旦の空港でとりあえず「ダメならダメで入学すらできないだろう」という勢いで資料請求し、説明会に参加し入学試験が小論文と面接でしたが、何とか入学する事が出来ました。
それまでは小売業の経験しかなく「モノを売る」事しかできなかった自分に「これから何をやっていくべきだろう」というのを探しに行ったというのが本なのですが、大学院で得たものはそれ以上に大きかった。

勤めている業界も経験も年齢も違う同期の院生達だけでなく刺激的で様々な議論や内容の講義、いくら払っても話を聞く事が出来ない最前線で活躍する企業のトップや著名人のスピーチ、どれをとっても貴重なものばかりでした。

ただ「様々な可能性を見出せるようになった」一方で「多様な可能性を比較検討しながら自身のあり方を模索しなければならなくなった」とも個人的にはいえるかもしれませんが。

知識をつけ、多種多様な人々と意見を交わし自分なりに積み上げた2年間で見えなかったものが見えるようになったのは確かです。
しかし、正直「迷う事も多くなった」事について否定ができないのも事実です。
それでも視野は格段に広がったので大学院で学んだ2年間をきちんと様々な事に活かしていきたいと思います。

Blackberry KEY2の発売

次はやはり「Blackberry KEY2」の発売ですね。
自分の中で大きなニュースです。
「Blackberry KEYone」からスペックの底上げだけではなく、「SPEED KEY」をはじめとしたよりキーボードを操作の中心にした新機能が目立ちました。

また、Blackberry端末に最適化された日本語IMEも有志によって開発され、国内版ではau回線やau Volteへの対応などBlackberryが日本のユーザーにとってより近い存在になった事も大きいでしょう。

最近はスマートフォンでもゲーミング要素への開拓やASUS、RazerといったゲーミングPCメーカーのスマートフォン参入に本格的になるなど時代の変化が訪れています。

自分が感じたのは流れとして「iPhoneの模倣・追随」が極端に少なくなり、個性を主張し始めるメーカーが増えたという事です。
極端なまでにiPhoneのデザインを模倣したり、キャッチコピーや特徴を似せるといった追随が大部分を占めていた今までのスマートフォン市場が変わりつつあります。

模倣も競争としては正しい戦略の一つではありますが、1ユーザーとして市場を見ている身としてはあまり面白くありませんでした。
ノッチを採用したiPhone Xが登場した時もその後の展示会や新製品発表ではここぞとばかりにノッチ採用スマートフォンが大増殖したのが記憶に新しいですが、個性として頭角を現し始めたメーカーが増えてきました。
自分としてはBlackberryもその一つだと思っていますね。

今後としても特徴や機能としては成熟した感が否めないスマートフォン市場ですが、性能強化という面ではこれからもまだまだ拡大し続けると考えています。
個人的にもBlackberry(とTCL)には頑張ってもらいたいですし、新型のBlackberryにも期待したいものです。

ブログの1年を振り返る

さて、当ブログの1年はというとBlackberry端末の話題についての記事をはじめ、自分のブログらしい記事を書いてきたつもりです。
ただ、先月や今月など多忙になる時期に計画的に記事を書けない、下書きばかりを量産してしまうなど反省点は少なからずあります。
また、WordPressの仕様が大きく変わり、その対応についても後手後手になってしまいました。
(仕様が変わった影響を受け、大量の下書きも殆どが使えなくなってしまいました)
影響を受けた下書きもせっかくなので修復しつつ公開していきたいと考えています。
また、文字数的に冗長的になってしまっていた内容のものもあり、修復の過程で記事の書き方も来年は変えていこうかなと考えています。

具体的には文字数自体は3000文字前後が基準になるかと思います。
ボリュームを減らすのはあまりしたくないんですが、文章をより簡潔にわかりやすくしていく方向を進めるつもりです。
WordPressのエディタ自体がかなり変わったので下書きの修復兼試験的運用がしばらく続くかもしれません。
今使っているテーマがすこぶる今のWordPressとの相性が良くないみたいなのでテーマ変更も来年中に検討課題とします。
ブログも文字数のやたら多い記事は避けられ、より簡潔な内容+十分な情報量がやはり見てもらえると思うので書きながらその点も追及しようと考えています。

今年もお世話になりました

さて、今月の月末雑記帳は年末という事で自分の一年とブログの一年を振り返る内容としました。
最近は多忙で記事がなかなか書けない日が続きましたが、来年はダメになってしまった下書きを修復しつつ、Blackberry端末関連や様々な記事を書いていきたいと思います。
それでは、

それでは皆様、良いお年をお過ごしください。

iTunes検索

 - 雑記帳 -Note-