-BACK DOOR's Diary- -October 2018-

      2019/11/07

 

-自分は”Blackberry端末”という”選択肢”を増やしたい。-

皆さん、こんにちは。

本日はハロウィンですね。
遅ればせながら10月の月末雑記帳を公開します。

毎年何かと騒がしい渋谷のハロウィンですが、個人的に渋谷は「日本のスラム街」だと思ってるんでハロウィンだろうが何だろうが「個人的に絶対に行かない場所&行きたくない場所」ナンバーワンです。
(あくまで個人的に思ってるだけなんで気分を害した人がいても勘弁してね、逆に魅力を教えてくれ…)

仕事の関係で仕方なく降りる時がある「渋谷駅」なんですけど、なんかクサいのよ毎回。
(腐臭…というかゴミの臭い?)

もう毎回そんな臭いニオイを嗅がされるものだから酸素ボンベとマスクを装着して降りたいくらい。
(気分はまるで未知の惑星に降り立ったSF映画の調査隊のよう)

だから渋谷駅で降りた瞬間「ここはスラム街、油断すれば命の保証はない。北斗の拳の世界なのだ」と思う事にしてます。

でも臭いの届かないネットの世界からだったら見てて面白い世界です。
渋谷の街にはまさに有象無象が集まっている。
ご存知の方もいるかもしれませんが、instagramには「shibuyameltdown」というアカウントがあります。
このアカウントは渋谷の街で泥酔し、ありとあらゆる場所でひっくり返っている人々の写真をひたすら掲載しているのです。
(撮影しているのはオーストラリアの方みたいです。刺激物も写っているので一応閲覧注意です)

なぜそこまでして泥酔するのか全く理解できないのですが、これらの写真に写る人々も「渋谷」という街を構成しているパーツの一部なのです。
そこには人間のあらゆる感情が渦巻いているに違いありません、その場に居合わせたくはないけど。

まぁ、そんなことは置いといて。
今回の月末雑記帳のテーマは最近の近況報告もかねて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

Blackberryユーザーのオフ会に参加

先日ですが、ちょっとした「Blackberryユーザーのオフ会」に参加させていただきました。

Blackberry Messengerで参加を募っていたのでちょっと顔を出してみました。
集まれたのは自分を含めて3人だけでしたが、初顔合わせという形ではちょうどよかった感じでした。

身の上話からBlackberryの話題まで話に花が咲きましたが、話していて参加して頂いた御二人の考え方や熱意も汲み取る事が出来ました。
発信頻度は高くないものの、自分もブログを書いている身としてコミュニティの活性化には貢献したいと考えています。

でも今後、オフ会等に参加する以上は自分の立ち位置であるとか考えている事はどんどん話そうと思います。

基本的に中身がどんなに未熟であっても発信せず一人で考えていても自然に考えは深まりません。
クオリティは抜きにして率直に意見を語り合う方向性は保っていきたいと考えています。

そういう意味では今回オフ会に参加できた事は自分の中で「一歩前進」ともいえるものだと思います。

Blackberryコミュニティについての自分の考え

自分がBlackberryユーザーのコミュニティについて知ったのはここ数年、所謂最近です。

Blackberry自体は携帯電話としては歴史あるブランドの一つです。
そして歴史あるブランドだからこそ「往年のファン」が多いという現状は皆さんもご存知かと思います。
Blackberryに限った事ではありませんが、歴史あるブランドやコミュニティというのは新参者に厳しい、いわゆる排他的な所が多く見受けられます。

Blackberryユーザーのクラスタもその例に漏れないのではないか。
そんな意見がオフ会でも飛び出し、それには自身も共感せざるを得ませんでした。

ブランドとともに年月を歩んできた一流の店の常連と言っても過言ではない「往年のファン達」は新参者に対して厳しい目で見がちです。

Blackberryが時代の先端を切り開き、新しい端末をリリースし続けているならまだしも、
Blackberry自体はもはや「知る人ぞ知る携帯電話ブランド」になってしまっているという現実と真摯に向き合うべきかもしれません。

自分としてはBlackberryコミュニティをより大きく安定的に保っていくためには排他的な傾向が目立つ場合は、まずはそこから脱却する必要があると思っています。

自分のブログの立ち位置はどこなのか

しかしそんな「往年のファンたち」を真っ向から否定しても意味がありません。
「往年のファンたち」の中に燻ぶっているのは紛れもなく「愛」そのものであるからです。

その「往年のファンたち」の「愛」はコミュニティを安定して存続させていくために必要不可欠なものです。
コミュニティの原動力は「愛」でなければならないからです。

今のBlackberry界隈は自分個人の感覚だと「往年のファンが発信する濃いファン向けの情報」「新製品が発売される時だけさらっとレビューされた余り拘りが感じられないレビュー記事」で構成されている感じを受けます。

これだけだと新参者候補者がたまたま情報に触れた時、「なんだ?このBlackberryってケータイは?こんなのあるんだ!」とはならないでしょう。

なので個人的にはエントリーレベルへの歩み寄りがまだまだ足りないと考えています。
自分のブログは特に「Blackberryコミュニティに歩み寄ったもの」ではありませんが、自分自身も好きなので発信しているという形です。
だから新しくユーザーになってくれるかもしれない人たちに「Blackberryと絡ませた記事という情報」を発信する事でコミュニティの活性化ができるんじゃないかなぁ、と考えて「Blackberry関連の記事」を書いています。

幸いBlackberry自体はネット上でもそこまで沢山情報が溢れているわけじゃないので、その部分を自分のブログがその立ち位置としてあってもいいんじゃないか、とも考えているわけです。

というわけで、これからもそんな立ち位置にいながら「Blackberryの情報」をアピールできたらいいな、という考え方をしています。
コミュニティを盛り上げたいという気持ちは純粋なモノなので幅広い人たちにアピールしていきたいですね。

やっぱり自分の好きなモノを情報として発信するのは面白いですよ。

読書の秋、食欲の秋、遠出の秋?

そういえば、自分海外はおろか旅行とかに殆ど行かないのでスーツケースというものを持ってませんでした。
(そんなものを買う金がないともいう)

別に旅行に行く予定はないんですけどスーツケースってピカピカの硬いイメージがずっとあったんですが、Amazonで安いヤツないかな~って探してたら良さげな奴ありました。
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)というブランドでもともとアウトドアや自転車などのバイク用品のブランドらしいのですが、こういう変幻自在なスーツケースはあったら便利ですよね。

今日からAmazonのタイムセール祭りなので自分の「欲しいものリスト」に突っ込んだやつと合わせて買うかどうか迷ってます。

【バックパックにもスーツケースにもなる便利なヤツ】

iTunes検索

 - 雑記帳 -Note-