-発売当時22万円!?最高級のBlackberryを輸入してみた-

      2019/04/02

eyepic60

今話題の「ロボホン」より当時は高かった!

それは、2014年8月に世の中に現れた。

そして2014年10月に世界で発売された。

だけど、日本で発売はされなかった。

だからそれは、ぶっとんだ値段で販売された。

お値段1,990ドル(発売当時22万円)。

それは「携帯電話」でした。

もはや冒頭からぶっ飛んでますが、そのぶっ飛んだ携帯電話が

今回記事にする「Blackberry Porsche Design P'9983」なのです。

スポンサーリンク

「Porsche Design」というブランド

eyepic59©Porsche Design

まず「Porsche Design」というブランドをご存じでしょうか。

もはや「Porsche」ことポルシェは誰でも知ってますね。
勿論ドイツの高級車のブランドです。

その「ポルシェ」の子会社
ドイツのビーティッヒハイム=ビッシンゲンに会社があります。
主に、自動車関連製品を製造・デザインしているブランドと、
その他ブランドをモチーフにしたデザインのアクセサリーや
デザインプロダクトを販売しているブランドがあります。

手短に書きますが、デザインがポルシェという事もあって
もう2年近く経つにもかかわらず、公式ストア
未だに販売されているし、1190ユーロ(約14万5千円)と
と~ってもお値段が高いですが、なかなかカッコいいです。

これでも800ユーロも発売時価格から値下げしてます。

しかし、残念ながら日本国内展開はしておらず、
車の正規ディーラーかドライバーズセレクションという
車をモチーフにしたブランドは代理店がネットにある程度です。

なので、正式にはポルシェデザイン自体は
日本国内には展開していません。

自分が輸入したのは「本家?ドイツ版」

eyepic61

ポルシェデザインはストア展開が世界中にありますが、
その分、携帯電話ともなると各地に沿った
ローカルモデルが存在します。

写真のとおり、
自分の購入した「Blackberry Porsche Design P'9983」は
巷で流通している「US版」ではありません。

その証拠に、キーボード配列がUS版では
「QWERTY配列」なのに対し、自分のモデルは
「QWERTZ配列」となっています。

キーボード配列によって操作性は大分変わりますが、
自分は「Porscheはドイツの会社だから本家お膝元仕様じゃん!」
言い訳して使っています。

使い勝手に関して

eyepic62

携帯電話の性能は日進月歩。

次々と最新鋭の携帯電話が開発されていきますが、
この「Porsche Design シリーズ」は
もはや忘れ去られた存在になっているそうな。

搭載OSはBlackberryですから、勿論
「Blackberry OS10」搭載。

「Blackberry OS10」は今現在
「Facebook」などのメジャーアプリをはじめ、
急激なアプリ不足と開発者離れが深刻な状況ですが、
Androidアプリが外部からインストールできる
という対応でなんとか首の皮一枚、という惨状です。

もちろん、最近流行りのゲームアプリなんか動きません。
ゲームアプリの高負荷化が
今のスマホの性能競争の片棒を担いでいるのは事実ですが、
まぁ、こんなカッコいい端末でゲームアプリなんか遊んでるのを
見られた日にゃ、この端末の存在意義が失われます。

とりあえずメジャーなSNSアプリは動くので、
(LINEはAndroidアプリを外部インストールしないと✖)
SNS専用機か「EverNote」はプリインストールされてるので、
完全仕事向け端末として物理キーボードの活躍も期待できそうです。

まとめ

eyepic63

簡単にまとめると
「完全なる趣味端末の極み」ともいえる
この「Porsche Design P'9983」

デザインは非常にカッコいいし、
最近の携帯電話にはない「ワクワク」を感じさせる。

こういう「ぶっ飛んだ商品開発」
最近全然見ないし、とにかく「日本」にはない。

間違いなく、こういう商品の存在は市場活性化に
少なからず貢献するし、こちらとしても
記事にする面白さ、手ごたえすら感じるほどだ。

Blackberryは、今現在なかなか綱渡りのような
危うい状況にあるが、このような商品開発を
是非とももう一度見たいものだ。

参考

または輸入代行サイト「セカイモン」から探す事もできます。
eBay公認日本語サイト セカイモン

上記サイト内でキーワード「Blackberry P9983」
で検索すると検索結果上位に出てきます。

ご参考までに。

iTunes検索

 - イマドキの逸品, Blackberry