-Blackberry KEYone Field Test ③-

      2019/04/02

-今までより気軽に、写真も音楽も楽しもう。-

みなさん、こんにちは。
絶賛Blackberry KEYone使い倒し中の筆者ですが、
ついに国内版の取り扱いが発表されました。
取扱い代理店は引き続き「FOX」ですが、
老婆心で書いた記事を見てくれたかどうかはさておき
やっぱり盛り上がり方が違うなぁ、としみじみ思う今日この頃です。

そんなユーザーの背中を押す存在に私はなりたい。

そんな自分の思いはとりあえず置いといて、
今まで気になってる部分の大部分はチェックできてきた感じですので、
今回は「音楽」にちょこっと首を突っ込んでいきたいと思います。

スポンサーリンク

まるでBlackberry のCM曲!?

小さい頃から自分は「George Winston」を聴いて育った!
と言っても過言はない程、この人の作品が好きなんですが、
最近古いCDをPCにガンガン入れていたら、
この「December」が出てきたんですよ。
季節的には真反対なんですが、
上記の「Night (Part 1)」を聴いた瞬間、
どうイメージしても「夜をテーマにしたBlackberryのCM」にしか
聞こえてこないんですよ。
(もう手遅れとかアブないとかそんな事は言わないで!)

そんなアナタも是非聴いてみてください。
「BlackberryのCMだ」と思ったら、是非手にとってください。
全般に優しい曲調が多めなので、ピアノ好きも必見ですよ!

【季節のタイトル詰め合わせは是非オススメしたい。】

線に縛られない、時代はワイヤレス。

つい最近始まったことではありませんが、
今のリスニング環境は「ながら」になりつつあり、
イヤホン、ヘッドホンはワイヤレス化がどんどん進んでいます。

かくいう自分はホームリスニング派で、有線派です。
音楽を鑑賞する時は、きちんと時間と環境を作って楽しむ方です。
ですが、通勤時などどうしても鑑賞する時間が取れない時が
最近は多く、その機会が多くなればなるほど、
上記のような「ながら聞き」をする時間も長くなります。

最近はまさに「ながら聞きの友」でもある
「ストリーミング配信サービス」も増えてきており、
いまだ出会ったことのない楽曲との出会いの機会には事欠きません。

自分が高校生の時、ターンテーブルに魅せられ、
アルバイトをしてお金を貯めては、
「ディスクユニオン」で片っ端からレコード盤を出し入れして
ジャケットを見ては、所謂「ジャケ買い」をして
自分の部屋の壁にたくさん飾りまくっていました。

自分はその行為に「未知の曲やジャンルとの出会い」を
求めていたのですが、今の時代はそんな事をする必要もなくなり、
全てがスマートフォン1台で済んでしまうようになりました。

この「Blackberry KEYone」も例に漏れず、
このワイヤレスリスニング環境が非常に相性がいいです。

Bluetoothプロファイルの新旧にもよりますが、
満員電車でも意外と途切れず、しっかりとイヤホンとの通信をホールドします。
さすがにジーンズなどの厚手の生地の服のポケットに入れると
途切れる場合がありますが、頻繁に気になるほどではありません。

逆に、スピーカー性能としては、
「DTEK50 / DTEK60」のマルチスピーカー性能を継承していないので、
内臓スピーカーで聴くよりは、Bluetoothスピーカーや
イヤホン・ヘッドホンで聴くようにしましょう。

ハイレゾもそつなくこなす優等生。

ストリーミングサービスだけでなく、
「Blackberry KEYone」はアンプとの組み合わせで
最近では認知度も増えて来た「ハイレゾ再生」もこなします。

内部性能としては「ハイレゾ対応」ではありませんが、
今や豊富な周辺機器が揃う「ハイレゾ市場」においては
内部性能が対応しているかどうかは懸念とならないでしょう。

実際に、Sony製Androidアプリ「Music Center」と、
手持ちのアンプ「PHA-3」、ヘッドホン「MDR-Z7」で
何曲かクラシックなどを再生してみましたが、
再生遅延、音割れ、ノイズ等もほとんど見られず、
(最初のデータベース読み込みのみ多少の時間がかかる)
再生環境として全然快適でした。

ハイレゾ音源の場合は、何でもかんでも「ハイレゾ」にするよりは、
自分にとって「絶対に聴きたい楽曲」に絞る方がいいので、
場合によって「ハイレゾ再生」と「ストリーミング再生」に
分けていくのがいいでしょう。

屋外では気軽に「ストリーミング」
屋内では贅沢に「ハイレゾ再生」と使うシーンを限定すれば、
再生方法を両立しやすいのでオススメです。

是非「Blackberry KEYone」でも「ハイレゾ再生」
チャレンジしてみてください!!

思わず好きになるようなアクセサリーを探せ!

今回は「音楽」について書きましたが、
結局のところ、「音楽を聞く」ことにおいて
絶対外せないのが「イヤホン・ヘッドホン」なんですけど、
これは是非とも「好み」で選んでほしいなぁ、と思うんです。

よくイヤホン・ヘッドホンに限った話じゃないんですが、
「多いし、性能も重視すると選べません!」と言われるんですけど、
ここで迷うくらいなら是非とも「好み」で選んでもらいたいです。
自分が手放せないのが「Bang & Olufsen」の「Form 2」シリーズ。
見出しの写真でも紹介しましたけど、オシャレだと思いませんか?
「カッコいい」とか「かわいい」とかも全然アリなんです。

ファッションと同じで「コイツはヤベェ!!」と思ったら手に取る!!
マジで第一印象が全て「使ってて楽しいのが一番」は正義なんですよ。

「Blackberry」もそうなんですが、
「触ってて楽しい、身につけてて楽しい」
何にも代え難く、
そして長くモノを愛する心はまさにこういう所で

育てていくことが何より大事だと思います。

皆さんも、性能や難しい事にあまりこだわらず、
楽しく使えそうだな、と思えるアクセサリーを見つけてもらいたいです。

そして「Blackberry ライフ」がより良いものになりますように!!

参考

【全ページ日本語、保証関係も網羅のETORENも安心です】


日本語で購入できる輸入サイト「ETOREN」なら
保証もかなりしっかりしています。
日本国内の提携倉庫へ送るだけなので、海外発送の知識がなくても
保証が受けられる可能性がグッと上がり、輸入してみたいけど、
保証関係の不安にお悩みならこのサイトの方が安心です。

【国内版もついにリリース。これはいいものだ。】

【専用ケースは頑丈なダブルレイヤーで!】

iTunes検索

 - イマドキの逸品, Blackberry ,