-Blackberry × ハイレゾ!- -①-

      2019/04/02

-Blackberry語るならハイレゾも語っちゃおうぜ。-

みなさん、こんにちは。

1月といえば、「CES」ですね。
テクノロジーの見本市の季節です。
まぁなんて言ったって「Blackberryの新機種」の噂が
絶えませんからね。世界中のファンからも期待大です。
自分も正月休み明け1週間くらいドカーンと休んで、
ラスベガスへ遊びに行く「カネ」と「地位」があれば
行くんですが、できないのでこんな記事書きます。

今回は再構成記事として
「Blackberryでハイレゾ音楽を聴く」をテーマに、
複数構成で書いていきたいと思います。

注意:このエントリー内で紹介されている「Blackberry」は、
「Android OS」搭載型に限定します。

参考:このエントリー内では「USB-Type C」搭載端末での
接続を中心としていますので、上記端子搭載端末でも
同じように楽しむことができます。

スポンサーリンク

まずは全体像を把握しよう

まず、これが全体の接続図です。

この図では、入力が「microUSB」で出力が「バランス端子」です。
あらかじめ内容を曖昧にしない為に、
自分が所持しているもので紹介します。

スマートフォンより音楽をデジタルで出力、
アンプと呼ばれる「増幅装置」でハイレゾ音源を受け止め、
ヘッドホンへ的確に出力することで
高品質の状態のままヘッドホンで聴く事ができる…

というのが全体像の大まかな流れです。

【写真の機種】
スマートフォン :Blackberry DTEK60
ヘッドホンアンプ:Sony PHA-3
バランスケーブル:KIMBER KABLE MUC-B20BL1
ヘッドホン   :Sony MDR-Z7

写真の通りだと、ややこしくなるので記事内では、
アンプからは「ヘッドホン端子」よりイヤホンへ出力とします。

まずはイヤホンから揃えるのが基本

まず重要なのは「イヤホン/ヘッドホン」です。

耳に音楽が届くまでに複数のパーツ及び製品を経由しますが、
途中の製品にお金をかける前に、
まずは「自分の耳に合うイヤホン/ヘッドホン」を選んでください!

実際に耳に届き、脳で味わう「音楽」は、
その脳で受け止める時に「品質」や「相性」が決まります。
その為、まず何より耳に届ける為の「イヤホン/ヘッドホン選び」は
何を差し置いても先に行うべきでしょう。

幸いな事に、今の時代のイヤホンは質が良く、
1万円以下で「ハイレゾ対応イヤホン」を購入する事ができます。
予算は人それぞれですが、その際「試聴してから購入」を忘れずに。

これから長い付き合いになりますから、
知識が浅い方は専門販売員のアドバイスを受けても構いません。

ハイレゾ環境に絶対的な指標というものを求めるより
「この音は自分好みかどうか」に重点を置くようにして下さい。

結局、ハイレゾも「楽しんだ者勝ち」な点に尽きる事が多いです。

まとめ

[スマートフォン]→[ケーブル]→[アンプ]→[イヤホン/ヘッドホン]

これが簡単に文字で表現した接続図だ。
ここから自身に足りないものを補っていくとわかりやすい。

これでハイレゾ音源を楽しむ為に必要な全体像は
ある程度把握できたと思います。

次回からは、「スマートフォンアプリからの出力」や
「アンプへの接続」なども紹介していきます。

一つの記事に対して、1500文字は維持したいので、
読みやすさに重点を置いていきます。

今回紹介した例では、持ち運びには適さないので、
このテーマ以外でもコンパクトな製品が出れば、
都度紹介していこうと思いますのでよろしくお願いします。

参考

【1万円以下!コストパフォーマンスに優れる逸品】

【大阪よりの刺客!アルミ筐体で1万円以下!ナニワ魂炸裂!】

【大手メーカーで安心!ジャンルに縛られない万能選手!】

iTunes検索

 - イマドキの逸品, Blackberry ,